本蓮寺

概要=朝鮮通信使遺跡として国の史跡に指定されている
寺の歴史は南北朝時代の正平2年(1347年)京都妙顕寺の座主であった大覚大僧正が法華堂(本堂)を建立したことに始まる。牛窓は古来より風待ち・潮待ちの港として栄えた。江戸時代には朝鮮通信使が寄港し当寺に滞在し、岡山藩の饗応を受けた。牛窓では毎年10月第4日曜日に通信使の風俗を模したという「唐子踊り」が少年によって舞われている。室町時代の明応元年(1492年)に再建された本堂は番神堂、中門と共に国の重要文化財に指定されている。通信使が使用した客殿には、小堀遠州の手によるといわれる庭園がある(見学は要予約)。平成6年(1994年)10月11日、「朝鮮通信使遺跡」として広島県福山市鞆町・福禅寺、静岡市清水区興津・清見寺とともに史跡に指定された。

所在地 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3194
URL
料金
営業時間
定休日
備考
この掲載情報は古くなっている可能性がありますので、必ず公式HP等でご確認のうえご利用下さい。